運動嫌いの人がダイエットをするのなら

ダイエットをする必要があると自分自身で痛感している人の多くは、運動不足なのではないでしょうか。
動くことが億劫で、じっとしている時間が長いことからついおやつに手が出てしまい、気が付けばながら食べが続いて体重増加というのが、まず一般的な流れです。
そんな動くことが苦手な人がダイエットを志したとしても、いきなり運動をするのは考えものです。
これまでろくに動いていなかったのに加え、体重増加で体が重くなっていますから、いきなり激しい動きをすると間違いなく腰やひざなどに負担をかけて痛みが出てくるでしょう。
そんな人には徐々に体を動かすことに慣れる必要がありますので、ウォーキングなどを始めるのが無難です。
あるいは家事をエクササイズ感覚でとらえる家事ロビクスという考え方もあることから、とりあえず家の中の掃除から始めてみるのもよいでしょう。
家事ロビクスなら、家の中がキレイになるというメリットも生まれますから、まさに体を動かすことと相まって一石二鳥です。
家の中の掃除というのはどこか一か所がキレイになると、キレイでないところが気になってくるものなので、どんどん掃除の範囲が広がっていくという特徴があります。
延々と掃除をこなしていけば、ウォーキングと同じくらいエネルギー消費が期待できる上に、家がどんどんキレイになるダイエット方法ということになります。
腰痛防止のためにもかがむ姿勢には気を付けないといけませんが、身体に過度な負担をかけることも少ないため、運動嫌いの人にはかえってよい運動になるでしょう。